やっぱり、僕は、アーティスト

昨日、友達のちかさんと一緒にこんなパフォーマンスを観てきたよ!

いろんな人が
いろんな想いを胸に
参加をして創り上げるパフォーマンス

「共に想像する」

そこで演じている人は
障がいがある・ない関係なく
ただ、そこに、いる

「ただ、いる」ということがこんなにも素晴らしく美しいことか
改めて身体で
そして命で感じました

====
自分はやっぱり“アーティスト”だ
====

“アーティスト”
そんなカッコいい言葉を語りたいけど
語るのが恥ずかしくて
いつしか自分が“アーティスト”だということ忘れていた

でもでも自分はやっぱり“アーティスト”
きっちり受け入れます(#^.^#)

====
さて、みなさん
“アート”や“アーティスト”と聞くとどんなイメージですか??

とんでもないモノや人って思われがちですよね
でも、そんなことは全くないのです

あ、自論です!

アートとは「命が繋がった瞬間」に起こる奇跡

誰かと話をしていて
何だか悲しくなったり
何だか嬉しくなったり

何かの感情や感覚を共有した瞬間
そこにココロの繋がりが生まれる

この繋がりを、私は
“ドラマ”が生まれたと表現し
“アート”と言っています

勝手ですね(笑)

だから、私の中では
“アート”は特別なとこでもカッコいい事でもなく
誰にでも起こりうる感動と奇跡だなと思うのです

だから
みんな“アーティスト”なんです

“表現者”と訳されると難しく感じるけど

家庭の中でも
仕事場でも
お客さんとでも
友人間でも

どこでも誰とでも「命で繋がれる」

みんなが自分の“命”を表現する“アーティスト”
20151003_160711
====
昨日のパフォーマンスにはいろいろな人が出ていた

身体の不自由な人
耳が不自由な人
ダウン症

様々な命

それぞれの命が繋がった瞬間 = アート

そこには言葉もいらなければ
大袈裟な動きも必要ない

「ただ、いる」

そんな強いメッセージを昨日のパフォーマンスで感じとってきました!

====

「共に創り、分かち合い、命で繋がっていく」

i-STAGEはそんな環境をみんなと一緒に創り上げています

記事:川崎なおや