分離感からの脱出 ~蓋を外して本当の自分に出逢う~

久しぶりにブログを書きます

先月の遊仲:u-chuが終り1週間
今回のイベントでは大きな発見があった

「自分の中での分離」

あ、これは“独り言”なので読み進めたい方だけ
先にすすんで下さいね(笑)

===

何から話をしていいか?
分からないくらい感覚やイメージが降ってきているので…

今日は「分離」につてつぶやいておこう
前にもつぶやいたことあったと思うけど

===

今回のイベント、見事にみんなに言われたんだ

「なおや、嘘ついてる」って!!

うわ!
はい、ついています

去年末から
「みんなが輝けるSTAGEを創りたい」
そんな想いで走って来たけど
気がつけば、自分を犠牲にしていた

「これでいいんだ!」って自分に言いきかせて

でも、その反面、自分が「何者なのか?」
忘れちゃっていたな

その「忘れていたもの」を今回の遊仲が思い出させてくれた

と、いうより…
「見ないでいた」って言った方がいいかな

やっぱり俺
「アーティストで在りたい」

===

遡ること十年くらい

自分は表現者でありたいという強い想いをもっていたわけですよ

でも…
「俳優は生活が厳しい」とか
「やっても無駄」とか
とかとかとか

環境が俺にそんなイメージをすりこんだのか?

いつしか自分で「在りたい自分に蓋」をして
蓋をして生きることを決めてしまったんだ

「“嘘”人生の始まり」

これって、みんなにも当たり前に起こること

特に障がいをもっていると顕著

「あなたは〇〇なんだから、これは無理」とか
「やっても無駄よ」って

だから共感しちゃうんだよね
自動的に心が反応してしまう

勝手に決めつけるなよーーー!って思う
fdcbt001-10
でさ、そうやって「蓋」をしたまま何年も生きてきたわけですよ

でもやっぱり
命の叫びには逆らえない

そして「蓋」が開きかけたのがこないだのイベント
それに気がついた仲間が言ってくれた「無理してる」

『やりたがっている自分がいる』

===

本質に逆らっては生きられない

===

で、決めた
来年の春頃に芝居やろうって!

2人芝居

演出は友人に頼んで!!

===

心配無用
i-STAGEの活動は引き続きやって行きます!!

少しイベント開催頻度は落ちるけど

かわりに「人を育てる」方向に少しシフトします!

 

川崎尚哉と信頼できるチームが一緒になって

「自分が生きたいSTAGEを見つけ、そこで輝きたい」

そんな方へ向けたトレーニングやプロデュースをしていきます

俳優の訓練をベースにね
あ、この訓練、自分を知るためにはめちゃくちゃいいから!

整理途中だけどHPはこちらね
i-STAGE HP

なぜそれをやるのか?

一緒にキラキラ輝く仲間をたくさん作りたいから
自分だけ楽しんでもつまらんからね(笑)

で、夢
いろんな人巻込んで舞台やるー
聴こえなくても、見えなくても、動けなくても
そんなん関係ない舞台

うん
楽しそうでしょ?

誰か一緒にi-STAGEを運営側で盛り上げてくれる人いないかな?

お!
最後、慌ただしくなったけど…
これから施設研修に行ってきます!

良い一日をヽ(^。^)ノ

なおや