表現をするということ 「僕は、ここに、生きています」

ここんところずっと悩んでいたことが
ある人との出逢いで一致した

表現者で在り続けたいと想っている心と
現実社会での振る舞いを考えろという思考(理性)とのギャップ

「本当の自分のままで生きたい」

そう思えば思うほど
「自分ではない自分を創り上げて」しまっていた

===

でもね
もともと人は「本当の自分を生きるため」に
この世に生まれてくるんだよ

そして
「本当の自分を生きる」ためには
自分の中の深い部分から想いを発することが必要なんだ

想いを発すること
つまり
「表現」をすることで「自分が自分で在る」ことを知り

「本当の自分を生きる」ヒントをくれるわけだね

~~~
「表現」
  ↓
「あるがままの想いを発する」
  ↓
「本当の自分を生きること」
~~~

この表現の繰り返しによって
「本当の本当の自分」を発見していくんだ

その証拠に
「本当の自分を生きている人」を見ると
感動や共感をするよね

だから
この感動を与えられる人は
全て「表現者」とうことになる

そこには派手な表現は必要ではなく
ただ、そこに「自分として在るだけでいい」

過剰な表現や、偽りの表現ではなく

表すのは
自分の深い深い部分から湧き上がってくる想い

「ただの命であるということ」

===

素敵な出逢いから受け取ったメッセージです!

舞台以外で深い想いを表現して行くのは
正直、少し怖いです

でも、いただいた命を
作りものではない生き方で使っていきたいので
現実社会でも開いて表現行こうと思います

そして同時に
この表現の仕方を一人でも多くの方に伝えて行きたいと強く思います

「表現」を通じ
「本当の自分を生きる」ことが
間違えなく人生を豊かにしていくから

今年中にワークショップを開催します!

あ、もちろん
i-STAGEの活動は続けています!

まわりに
「本当の自分を生きる人」が増えたら
世の中はどんどん素敵になって行き
i-STAGE目指す世界にも近づくはずだから

では、これからはどんどん自分を解放し表現して行きます!

===

興味ある方はメッセージを下さい
クラスには人数制限があるので先着順となります

なおや